日本語能力検定とは

外国人材を受け入れる企業にとって、最も心配なことのひとつは外国人材の日本語能力です。

特定技能制度や技能実習制度によって日本の企業で活躍する外国人材は、一定レベルの日本語能力検定を取得しなければならないと決められているので、日本語でのコミュニケーションを取ることが可能です。

しかし、どの程度のコミュニケーションが可能なのかについては、大きく企業で不安を感じられます。

これから外国人材の受け入れを考えている企業のために、日本語能力検定についての概要やレベル別の日本語コミュニケーション能力について解説します。

日本語能力検定とは

日本語能力検定は1984年から国際交流基金と日本国際教育支援協会の2団体によって行われている日本語の能力を示すための公的な資格で、英名はJapanese-Language Proficiency Test(JLPT)です。

現在では世界最大規模の日本語試験となっており、特定技能や技能実習など外国人を雇用する際や、インターンシップ、留学生を受け入れる際の日本語能力の判断基準としても用いられています。

レベルはN1、N2、N3、N4、N5の5つに分けられています。N5がいちばん易しく、いちばん難しいN1はネイティブ同等の日本語能力を有するレベルです。

レベル別の能力について

日本語能力検定では「読む」「聞く」の2つの能力が基準となり、認定レベルを決めています。

N5とN4は、主に教室内で学ぶ基本的な日本語がどのくらい理解できているか、N2とN1では、現実の生活における幅広い場面での日本語をどのぐらい理解できるかを測ります。N3はN5・N4からN2・N1への橋渡しのレベルです。

「読む」と「聞く」をもとにした5つのレベルごとに、具体的にどの程度日本語でのコミュニケーションが可能なのかご説明します。

N5を取得した外国人の日本語能力

いちばん初学のN5では、基本的な日本語をある程度理解することができるレベルです。

読み

ひらがな、カタカナの読み書きが可能で、漢字も日常生活で用いられる基本的なものであれば、文章を読んで理解することができます。

聞く

教室や身の回りなど日常生活の中でもよく出会う場面で、ゆっくり話される短い会話であれば、必要な情報を聞き取ることができます。

N4 を取得した外国人の日本語能力

N4は基本的なレベルを理解することができるレベルです。

読み

基本的な語彙や漢字を用いて書かれた日常生活の中でも身近な話題の文章であれば、読んで理解することができます。

聞く

日常生活の場面で、ややゆっくりと話される会話であれば内容をほぼ理解することができます。

N3 を取得した外国人の日本語能力

N3は日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができるレベルです。

N2、N1と比べてコミュニケーションがよりスムーズに取れるようになります。

読み

日常的な話題について書かれた具体的な内容を表す文章を。読んで理解することができます。また、新聞の見出しなどから情報の概要を掴むことが可能で、日常的な場面における難易度がやや高いは、言い換え表現が与えられれば、要旨を理解することができます。

聞く

日常的な場面で、やや自然に近いスピードのまとまりのある会話を聞いて、話の内容を登場人物の関係性など含めほぼ理解できます。

N2 を取得した外国人の日本語能力

N2は日常的な場面で使われる日本語に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解できるレベルです。

読み

新聞、雑誌の記事や解説、など幅広い話題について書かれた論旨が明快な文章を読んで、内容を理解することができます。また、一般的な話題に関する読み物も、話の流れや表現意図を理解することができます。

聞く

日常的な場面に加え、幅広い場面で、自然に近いスピードのまたまりのある会話やニュースを聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係を理解し、要旨を把握することができます。

N1 を取得した外国人の日本語能力

N1になるとネイティブ同等のかなり高い日本語能力を有するので、幅広い場面で使われる日本語を理解できるレベルです。

読み

幅広い話題について書かれた新聞の論説や評論など、やや複雑であったり抽象度の高い文章などを読んで、文章の構成や内容を理解することができます。また、さまざまな話題の、内容に深みのある読み物も、話の流れや詳細な表現意図を理解することができます。

聞く

幅広い場面において、自然なスピードのまとまりのある会話やニュース、講義を聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係や内容の論理構成などを詳細に理解したり、要旨を把握したりすることができます。