在留外国人数は283万人!外国人の雇用とは出会いである

日本で生活をしている外国人(在留外国人)の数は、令和元年6月末時点で約283万人にも及んでいます。数多くの外国人たちが、日本国内での就業や就学により生活をしています。

彼ら、彼女らの多くは、世界中のさまざまな国のなかから日本を選び、日本で何かしらの経験を積むことで、将来的には本国で技術や経験を活かそうと考えています。

私たちコネクトインターナショナルでは、外国人材の雇用をおすすめする一方で、企業と外国人材の雇用関係の成立を”出会い”と捉え、最適なマッチングが実現するためのサポートをさせていただいています。

最適なマッチング”出会い”の実現のために

外国人材には、多くの日本の企業の経営者やご担当者が考えられる以上に、大きな可能性があります。

少子高齢化が進み、日本全国で人材の確保が困難な状況が常態化するなかで、外国人材という国外からの人材確保を行うことは、企業にとって人材不足を解消する唯一の手段となりつつあります。

しかし、これまで外国人材を雇用したことが無い企業では、漠然としたイメージによって外国人材の雇用への不安を抱えられ、二の足を踏んでしまうケースも珍しくありません。

日本人の雇用でさえ問題がおおいのに、外国人材となればさらに問題が大きくなるように感じられるケースも多いようです。

日本人でも外国人であっても、企業との相性や問題の有無については同じで、労働意欲が高く、将来的に本国での豊かな暮らしを夢見る外国人材の方が、やる気に満ち溢れていることも多いです。

このようなやる気に溢れる人材のなかから、企業が求める人材を見つけ出してマッチングさせるという”出会い”を実現することが私たちコネクトインターナショナルのお仕事です。

在留外国人283万人をイメージしてください

企業が最適な人材とマッチングできる可能性は、とても高くなっています。なぜなら、在留外国人が283万人にも及ぶからです。

283万人と言えば、大阪市の人口約270万人や、京都府約259万人、広島県の約282万人に匹敵します。また、京都市とさいたま市を足し合わせた人口である約277万人より多いのです。

これだけの数の外国人材が日本国内で生活しているのですから、これから新たに日本を訪れる外国人を含めて、企業には数多くの選択肢があり、有望な人材を雇用できるチャンスに溢れています。

失業中の日本人も相当な数ではありますが、業種や業態によっては人材確保が非常に難しくなっている今、外国人材に目を向けることで、新たな可能性が広がることとなります。