インターンシップとは

インターンシップとは「特定活動」という在留資格を取得することで海外の大学生が日本で就業体験できる制度のことです。

これまでにご紹介した他の外国人雇用制度において「就労VISA」「特定技能」は、優秀な人材確保や特定の分野での人手不足に対応するための制度、「技能実習」は国際貢献を目的として外国人材に日本企業の知識や技術を転移するための制度であるとお伝えしました。

それらの3つとは大きく異なる、大学生を雇用するインターンシップとはどのような制度なのでしょうか。

インターンシップとは

インターンシップとは、海外の大学生が日本企業で就業体験をすることによりその大学の単位を取得できる制度です。

就業体験といっても無給ではなく、都道府県の定める最低賃金以上の給料が支払われます。

インターンシップはあくまでも大学教育の一環であるため、国際的な視野や価値観を身につけるために実施されており就労が目的ではありません。

学生は外国である日本での就業体験を通して、自身の成長や将来のキャリア形成に繋げることができるため社会貢献要素の強い制度であるとも言えます

企業での就業を条件に大学の単位が認められているため、インターンシップの内容と受け入れる学生の専攻は関連性のあるものでなければいけません。

そのため、単なる人材確保や会社の事業に貢献するための労働を目的とした受け入れは禁じられられており、審査によって合理的な関連性がないと判断された場合には許可が降りないこともあります。

また、一般的に採用活動とインターンシップは切り離して考えられることが多いので、インターンシップ先の企業で内定を貰い就職するというケースは稀です。

在留資格

インターンシップにおける在留資格は「特定活動」です。

「特定活動」に許可されている活動は様々で、活動の種類によって滞在可能期間や就労の可否は異なりますが、「特定活動」におけるインターンシップは90日以上滞在が可能で就業による給料が支払われます。

他にもインターンシップを利用するには、90日以下の滞在が可能な「短期滞在」や、90日以上滞在可能な「文化活動」といった在留資格もあります。

しかし「特別活動」によるインターンとは大きな違いがあり「短期滞在」や「文化活動」におけるインターンシップでは給料を受け取ることが認められていません。

インターンシップにおける規則

インターンシップの外国人学生雇用は、一般的な外国人雇用とは異なる規則が存在します。

厳しく制限はされていないものの、就労を主な目的としていないインターンシップではどのような規則の範囲内で就業が可能なのでしょうか。

受入人数

受入人数に制限はありません。

受入可能期間

「特別活動」による在留期間は最長1年なので、それに伴い企業での受入可能期間も在留資格が有効な最長1年までです。

勤務時間

インターンシップにおける就業は週40時間まで可能です。

また、夜勤や残業も認められています。

職種内容

外国人学生の大学での専攻と関連性があり、一定の知識・技術を得られる場合であれば、職種内容に制限はありません。

インターンシップのメリット

インターンシップは日本の大学生と企業間でも実施されており、入社後のミスマッチ防止や社員の就労意識改善といった成果が挙げられているようです。

外国人学生を雇用するインターンシップの場合、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

海外からの受け入れならではのメリット含め、企業側と外国人学生側に分けてご紹介します。

企業側

インターンシップによる企業側のメリットのひとつとして、成長途中である学生に日本での就業の機会を与えることによる国際的な視点を持った学生を育てるという社会貢献を出来ることが挙げられます。

社会貢献による企業の知名度やイメージアップにも繋がるかもしれません。

また、国際的な視点による学びが得られるのは外国人学生だけでなく企業側にとっても同じです。

インターンシップによって社員の国際意識の向上や外国人とのコミュニケーションに対する苦手意識の克服など、社内のグローバル化に向けての基盤を整えることができます。

優秀な学生を受け入れることによって雇用に繋がる可能性もあるので、将来的に就労VISAや特定技能の制度を使って正式に外国人雇用を検討中の企業は、まずは比較的敷居の低いインターンシップから導入してみるのも良いかもしれません。

外国人学生側

外国人学生にとって日本に一定期間滞在して就業体験が出来るということや、それによって大学から単位を受けることができるというのはインターンシップを利用する大きなメリットのひとつであると言えます。

観光ではなかなか触れることのない日本の生活や文化、仕事への価値観を知ることができて、報酬を得られるというのも魅力です。

専攻分野に関連性のあることを学べるので将来の就職に役立つかもしれませんし、卒業後のキャリアをしっかりと考える機会になるでしょう。

また、最長1年の就業が可能なので、職務スキル以外に日本語能力の向上にも繋がります。将来的に日本で就労したい外国人学生にとっては、日本語の習得は大きなチャンスに繋がるかもしれません。

受け入れの流れと準備

外国人学生を受け入れるには、企業側が行わなければならない様々な準備があります。

まずは、インターンシップを申し込む際の流れを見ていきましょう。以下のような流れになります。

①大学でインターンシップの申込み

②大学、企業での選考・面接等

③日本語能力試験N4相当に達するまでの日本語学習

④在留資格認定証明書交付申請手続き

⑤入国

⑥企業でのインターンシップ開始

まず、インターンカリキュラムの作成が必要です。

インターンカリキュラムとは、定められた様式に沿って、受け入れた外国人学生の就業内容など必要事項を記載した計画書です。ここに記載された就業内容が、外国人学生の専攻と関連性のないものだと判断されると、不許可になる場合があります。

また、在留資格の取得申請も、受け入れ企業側が出入国管理庁に必要書類を提出して行います。

これらの手続きは受け入れを行うにあたって、不備がないよう確実に行う必要があります。

受け入れ企業側が全ての準備や手続きを行うのが困難な場合、サポート機関を利用すると良いでしょう。

インターンシップ生の募集方法

インターンシップで外国人学生を受け入れるには、企業のサイトにインターン生募集のページを作ったり、行政や一般企業が開設している外国人インターン生のサイトを活用する方法などがあります。

外国人に求められる条件 

インターンシップを利用する外国人学生は原則日本語能力試験N4以上が必要で、就業する内容に必要な日本語能力を有することが求められています。

インターンシップを利用して外国人学生の受け入れを検討中の企業や、インターンシップについて分からないことがあるご担当者の方は是非、株式会社コネクトインターナショナルまでお問い合わせください。