外国人材に多くの企業が不安を感じる今がチャンス

外国人材の雇用に対しては、多くの企業が不安であると感じており、日本人のみの雇用にこだわり続けているという企業も珍しくありません。いや、大半の企業が外国人材を受け入れていません。

私たちコネクトインターナショナルは外国人材を専門に紹介させていただくサービスを提供していますので、私たちの頑張りが足りないのかもしれませんが、まだまだ日本における外国人の雇用はレアなケースです。

しかし今後、日本国内の人材不足がさらに深刻化したとき、多くの企業では外国人材の受け入れ無しでは存続が難しいという状況になるでしょう。

外国人材の雇用が一般化する前に!

外国人材の雇用は、現在のところ日本国内では決して一般的なことではありません。このため、多くの企業の経営者や担当者の皆さまは、外国人材の雇用について不安を感じられることも仕方がないことです。

しかし、バナナダイエットがブームになれば店頭からバナナが無くなり、サバ缶が流行ればサバ缶が品切れ状態になってしまうのと同じように、外国人材についても無限ではありませんので、外国人の受け入れが一般化することによって人材確保が難しくなることが予想されます。

今から検討いただければ、求められる人数の確保が可能ですし、これまでの経歴や経験、能力などを見極めながら人材を選択していただくことが可能です。

私たちコネクトインターナショナルでは、外国人雇用が一般化していない今のうちに受け入れをスタートされることをおすすめしています。

最初のひとりの受け入れが重要

私たちコネクトインターナショナルでは、企業と外国人材のマッチングを”出会いである”と認識して、まずは最初のひとりとして企業にとって最適な人材をご紹介することに力を注いでいます。

また、ただ単に人材を紹介するだけではなく、雇用期間中には常にバックアップの体制を整えて、外国人材が職場になじむために必要な取り組みをサポートさせていただきます。

企業に対して外国人材を押し付けるだけの紹介会社も少なからず存在していますが、私たちは日本において外国人材の雇用が一般化する未来を想定して、企業との長期的なお付き合いをさせていただいています。

やはり外国人材は文化が異なる国から訪れたひとたちですので、最初のひとりの受け入れでは企業の担当者の方には負担がありますので、私たちのこれまでに培った経験や知識が必ずお役に立ちます。